DIC Railsチュートリアル コースについて

「Railsチュートリアルの質疑応答に対応して欲しい」という要望が来ておりましたが、この度、Railsチュートリアルの質問対応サービスを提供できるようになりました。

本書を無断商用利用するスクールが増えている中、Ruby Busiess Users ConferenceRubyWorld Conference などに積極的に参加し、Rubyコミュニティと真摯に向き合って信頼を築いている株式会社 Dive into Code と一緒に本コースを提供することで、技術をただ学ぶだけでなく、コミュニティとの繋がりも学べる貴重なコースになると考えています。

Ruby/Railsを通してWeb開発を学びたい方や、技術もコミュニティも大切にしたい方などのご応募をお待ちしております。

コース概要

受講前提 HTML、CSS の基礎知識を有すること
教材 Ruby on Rails チュートリアル:実例を使ってRailsを学ぼう (解説動画付き)
受講形態
  1. DIVE INTO CODE によるオンライン/オフライン質疑対応
  2. DIC/YassLab 共催のオフライン交流会
受講中の特典
  1. YassLab 提供の教材解説動画 (期間中視聴可能)
  2. Dive into Code 教室への自主通学可
受講期間 お申し込みから2か月間
卒業生の特典 3年間、教材へのアクセス、オンライン/オフラインでの質疑、交流会への参加が可能
卒業基準 次の両方を満たすことになります。
  1. 完走すること(制作物をHerokuにて提出)
  2. 期間末の交流会に参加すること
質疑について 受講中及び卒業後3年間のトラブルシューティングを含むアドバイスを実施(トラブルシューティングの解決保証はせず、結果についての責任は負いません)
クオリティギャランティー
制度
卒業基準を満たした方で卒業時点で本コースに満足いただけない方には全額返金致します。
受講料金 198,000円 (税別)
早期申込特典 開校日前に教材を利用可能
受付開始日 2017年10月2日
開校日 2017年11月1日
お申し込み方法 https://diveintocode.jp/railstutorial よりご応募ください。

Railsチュートリアルについて

Ruby on RailsやWeb開発を学ぶときの、代表的な教材の一つです。SNSの開発を題材にした大型チュートリアルで、ウェブサービスの開発から公開までの流れを実践的に学べます。https://railstutorial.jp/

YassLab について

RailsチュートリアルやRailsガイドなど、国内屈指のRails情報サイトを運営するリモートチームです。Ruby/Railsの開発を得意とし、他社サービスのパフォーマンス改善や新機能開発を支援。自社でも継続的翻訳システムを開発し、最新の技術情報がすぐに届けられる世界を目指しています。https://yasslab.jp/

株式会社 Dive into Code について

国内におけるRails教育のリーディングカンパニーとして、Rails教育の品質向上、学習者の就業力強化、就業支援を行っています。未経験から6ヶ月で実務で通用するエンジニアを育成するべく、Ruby on RailsやAI教育を展開しています。https://diveintocode.jp/

本件に関するお問い合わせ

株式会社Dive into Code (担当: 平井、田中)
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館2階b
TEL:03-5459-1808

*本ページに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。