Railsチュートリアル トレーニング

トレーニングとは

学習者が自分の理解を言語化し、より実践的な知識に繋げるための回答付き問題集です。大学・大学院で使われている70問以上の設問を通して、学んだことを自分の言葉で説明するスキルを磨いていきましょう。設問はすべて記述形式で、解説動画から出題されます。

トレーニングの流れ

Web技術や設計思想、テストやセキュリティなどに関する設問に挑戦しながら、理解できてない箇所を把握していきましょう。回答後に解説動画の説明シーンを参照できるので、やればやるほど理解度の向上に繋がります。


1. コードを書く
2. トレーニングに挑戦
3. 解説動画で確認

「反転学習」と呼ばれる学習スタイルと組み合わせると、さらに効果的です。具体例を次の記事でまとめているので、利用イメージを掴みたいときにご活用ください。


トレーニング結果を共有

トレーニングに挑戦した結果は同じチーム内で共有されるので、自分以外の回答から新たな視点で考えるきっかけにもなります。(※ 個人で利用する場合はチームが存在しないため回答は共有されません。)


1. 章ごとの設問セット

2. トレーニングに挑戦

3. 結果を共有

研修支援サービスでご利用の場合、トレーニングに挑戦した結果をチームの Slack に通知することもできます。チーム内で学習ペースを共有したり、理解度を高めたい場面で便利です。詳しくは下記の note 記事をご参照ください。


トレーニングを使ってみる