🔰 初めての方へ

Railsチュートリアルへようこそ!本サイトの目的は、皆さんにWebサービス開発で必要になる基礎知識を学んでもらうことです。本サイトで学んだことは、Webサービス開発者としての仕事を探したり、フリーランスとしてのキャリアを始めたり、自分のWebサービスで起業する場面などで役立ちます。既に開発の経験があれば、より短期間でWebサービス開発の流れを掴めるでしょう。

本サイトでは汎用性の高いスキルの習得を優先しています。今後他のプログラミング言語やフレームワークも学ぶ予定の人になっても、ここで学んだWebサービス開発の基本が役立つように仕上げています。

本サイトは『Ruby on Rails』を中心に様々なコンテンツをご用意しています。これはWebサービス開発の基本を学ぶ上で、これ以上ふさわしいフレームワークは無いと考えているからです。

Railsのさまざまな利点

Ruby on Rails(略称『Rails』)は、プログラミング言語『Ruby 』で書かれたフリーかつオープンソースのWeb開発フレームワークです。

本格的なWebサービスを開発するツールとして急速に有名になり、GitHubAirbnbSoundCloudDisneyHuluShopify といった世界的に有名な企業はもちろん、日本国内でも noteクックパッドProgateQiita などのサービスで採用されています。実際にRails 募集』で検索すると、機械学習系スタートアップも含め、凄まじい数のページがヒットします。

Webサービス開発にはRails以外にも多くの選択肢がありますが、Railsのアプローチは豪快かつ強力で、幅広い場面で使えます。初めてWebサービスを開発する人であっても標準機能だけで作れるだけでなく、リリースしたWebサービスが大きく成功したときの柔軟性も兼ね備えています。また、シングルページアプリケーション(SPA)やモバイルアプリと組み合わせて開発したい場面でも、Railsは素晴らしいバックエンドを提供できます。

Railsの大きなメリットの1つとして、『次々と置き換えられる新ツール』問題と程よい距離を保っている点が挙げられます。特にこれからWebサービス開発を学ぶ人たちにとっては、数ヶ月かけて学んだツールが、半年もしないうちに別の新しいツールに置き換えられてしまうといった場面を気にされる方もいるのではないでしょうか。Railsフレームワークの作者である David Heinemeier Hansson さんは、次のようにコメントしたことがあります。

かつて、目移りするような複雑な技術をアレコレ売り歩いてたJ2EEというものがありましたが、当時と驚くほどよく似た不満を、昨今のJavaScript界隈で見かけます。Railsが登場した当初から現在に至るまで、さまざまな場所で(フレームワークに関する)議論が続いていますが、Railsが中核に据えている前提は今も残り続けています。(Railsの中核である)プログラミングの慣習をパターン化し、不要な選択肢を外し、本格的なWebアプリケーション開発に最適なデフォルト設定を提供することで、生産性を劇的に向上させられるのです。

このような設計哲学のおかげもあって、本サイトで学べるWebの基本は、2014年の第3版からほどんと変わらず安定し続けています。本サイトで皆さんが学んだことは、今後も当分古びることなく役に立つでしょう。

そしてRailsは今も絶え間なく進化を繰り返しています。たとえばRails 6.0ではメールのルーティングリッチテキスト機能並列テスト複数データベースのサポートといった新機能が導入されています。“scalable by default” という動画 (英語) では、GitHub 社のエンジニアである Eileen M. Uchitelle さんによってRailsアプリがどれほど大きく成長してもRailsはスケールできるということが解説されています。

✅ 参考: 次の Rails 6.1 はもっと良くなるよ、というツイート

実際、現在も Rails で開発されていて、共同開発プラットフォームとして絶大な人気を誇る GitHub は安定性を維持し、Shopify はオンラインストア構築 (EC) の分野で大成功を収めています。また、新しいバージョンのRailsは、そのような大きな成功を収めた大企業によって即座にテストされています。

Railsは、2004年にフリーランスのWeb開発者が仕事の合間に手掛けたことから始まったとは思えない素晴らしい出来です。当時Railsを選ぶことは最先端でありリスクも伴う選択でしたが、今ではそうした苦労なしにRailsを選べます。

Railsは多くの事例によって実証され、生産性の高い機能を揃え、有用なコミュニティによって支えられています。Railsは、現在も本格的なWebサービス開発にふさわしい魅力的なフレームワークなのです。

学習ロードマップ −
あなたに最適な学び方はどれ?

『Railsチュートリアル前後の学習ロードマップが欲しい』といった声にお応えして作成しました!

最適な学び方は1人1人異なるため『この学び方が正解』といったものはありませんが、1つの事例としてご参考になれば嬉しいです。

☝️ 図中に記載されている各種サービスの概要は、次の通りです。

  • Progate

    対話的に学べるオンラインのプログラミング学習コースです。初心者向けのコンテンツが特に充実しており、HTMLやCSS、JavaScript、Ruby、GitなどのWebの基本知識を学ぶには打って付けです。「Webの基礎的な知識を学んだ方が良さそう」と感じた場合にオススメです。
  • 前提知識シリーズ『開発基礎編』

    Railsチュートリアルを進める前の基礎学習に最適なシリーズです。「基礎的な知識がもっと必要」「苦手だと感じる部分を集中的に学びたい」という方にオススメです。
  • RailsチュートリアルWebテキスト

    Railsチュートリアル第6版 (Rails 6.0対応) のWebテキストです。Webpack に対応したフロントエンドのセットアップ、GitHub 対応のバージョン管理、Active Storage や form_with などのにも対応した最新のWebテキストです。
  • Railsチュートリアル解説動画

    実演付きの解説動画(計38時間)を視聴しながら学ぶことができます。分からない部分があれば、理解できるまで何度も繰り返し見ることができるので、自分のペースで効率よく学習したい方に最適です。30分間のお試し視聴プランもあります。(ハッシュタグ『#Railsチュートリアル解説動画』)
  • TechCommit

    コミュニティ型の学習支援サービスです。独学での学習が不安な方にオススメです。(【Railsチュートリアルコラボ】Rails学習支援追加パックで解説動画もご覧いただけます。)
  • ShareWis

    現役Rubyエンジニアのサポート付きで学べる、解説動画の質問対応サービスです。Railsチュートリアルでは章を進めるにつれて徐々に難しくなっていきますが、オンラインの動画と質問を駆使しながら学ぶことができます。途中で挫折しそうになったときにオススメです。
  • RUNTEQ

    Railsチュートリアル解説動画も利用できるWebエンジニア養成スクールです。企業が求める実務レベルの技術習得に注力していて、国際化対応Ajax 対応などの基礎が学べるカリキュラムや、Polymorphic の関連付けAPI との繋ぎ込みが学べるカリキュラムなども用意されています。オンライン説明会も随時実施されているので、興味あれば公式ページへ。
  • POTEPAN CAMP

    Railsチュートリアル解説動画も利用できる渋谷のプログラミングスクールです。初学者向けの基礎カリキュラムが学べるオープンクラスコース(2ヶ月15万円)から、同スクール経由で転職が決まれば全額キャッシュバックに対応している選抜クラスコースまであるので、レベルに合わせてご利用いただければと思います。
  • Railsガイド

    トピック毎に体系化された、1,600ページを超えるRailsの公式ガイドです。現役のRailsエンジニアが参照する中〜上級者向けドキュメントで、英語版を『Rails Guides』、日本語版を『Railsガイド』と呼びます。

    『Railsガイドをガッツリと活用したい』という方向けにProプランTeamプラン電子書籍版も提供しています。